農家のホームページのまとめサイト「農家のホームページ」では、個人や家族経営の小さい農家のホームページを紹介、応援しています!

2013年4月16日 0時50分

1,720 views

はじめに

このサイトでは、農家のホームページにスポットを当て、サイトのデザインやコンテンツに注目し、より良い農家のホームページができるようになればと思い立ち上げたサイトです。単にホームページのブックマークサイトにとどまらないために、どういうデザイン・コンテンツが農家のホームページには必要なのかを考察し、まとめていきたいと思います。特にホームページを持ってるけど、いまひとつ活用できていない農家の方に、是非、読んでいただければと幸いです。困っている農家さんのために相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせください。

 

棚田

 

農家にとってホームページの必要性

そもそも個人の農家がわざわざホームページを持つ必要があるのでしょうか?答えは農協だけに卸しているなら必要ないでしょう。しかし、今後、個人や新しい卸先(スーパーやレストラン、カフェ、産直)にも売っていきたいと考えているならホームページは必要です。あなたの作物を知ってもらうための広報ツールとして、現時点ではホームページが最適と言えます。費用をかけないために無料ブログを使ってホームページに代用している農家さんもいますが、こだわりをしっかりアピールし、ブランド化するためにはデザインが非常に重要になってきます。そのためにはホームページが基本になってきます。もちろん、ホームページだけでは足りない部分もあるので、Facebookやtwitter、ブログ、ECをうまく活用し、効果的に訴求することが求められると考えています。

よくホームページがあれば、お客さんが勝手に見て買ってくれると思っている人が多いですが、ホームページは自動販売機ではありません!ホームページは店舗と同じように手間がかかります。それでも店舗より、安く、早く、オープンすることができ、なにより日本全国の方に向けた情報発信ができます。農家のようにあまり費用を出せない方にこそ、ホームページを使ってブランド化することをお勧めします。

 

農家のホームページの実情

実際農家の方がホームページをどのくらい持っているのでしょうか?おおよそ全体の3%くらいと私は予想しています。その中で、ネット販売だけで売り上げている個人農家は極わずかでしょう。かなり厳しい状況だと思います。それでも、「おいしっくす」や「らでぃっしゅぼうや」など野菜の宅配事業の業績は伸びています。まだまだ伸びると予想されています。

では、なぜ売っているものが同じ作物でも売り上げが違うのでしょうか?私が考える答えは「マーケティング力」です。つまり、どういう情報が必要なのか、どういうサービスが望まれているのかなど、徹底してユーザ目線のサービスになっているため、安心して購入しようと思うわけです。具体的には次回掲載したいと思います。